幸せの扉

30代女子のブログです。美容とファッションのことを中心に、日ごとのことを書いています。

勢いだけで生きていけなくなったなあとしみじみ感じる…

なんだか最近、勢いだけで生きていけなくなったなあとしみじみ感じる今日この頃です。

冒頭から、唐突にすみません。

30代独身、20代の頃よりいろいろ、物思いにふけることが多くなりました。

人間としての自分、女性としての自分、さまざまな自分の内面、外面、自分の生き方についていろいろなことを考えてしまうのです。

20代の頃は、今よりフットワークも軽く、先のことより今が大切で、深く考えずにいろいろなことをしました。

もちろん、たくさん痛い経験もしたけれど、今となっては笑い話にできることがほとんどだし、良い経験がたくさんできたと思っています。今の私を形作ったのもその頃の私経験値だと思います。

今は、いろいろなことを考えて、すぐには動けないし、飛びつけない、でも、だからこそ、深く考え、行動することで得られることもたくさんあるように思います。

肌も衰えてくるし、オールができるほどの体力もなくなってきます。でも、だからこそ、自分のケアに気を配れるし、未来の自分のためにできることは何だろうと考えることができるように思います。

20代の頃より未来の自分のために投資できる金銭的な余裕も少しはあるし、すきま時間を作ることも上手くなりました。

それらを上手く使って、これからの自分、未来の自分のためにできることを着実に一歩一歩積み上げていきたいと今の私は考えています。

40代の自分がどうありたいか、それを考えることで、今やるべきこと、やりたいこと、見ておきたいこと、学んでおきたいことが自ずと見えてきます。

20代の後半は、とにかく結婚しなきゃと焦っていました。結婚することが目的になってしまっていて、そこからがスタートあることに気がついていませんでした。

今は、この人と結婚したいと思う人に出会えたら結婚したいと思っています。もし、そう思える人に出会えなかったら、それはそれで、それもまた、私の人生だと思っています。

生き方は人それぞれ、自分らしく、精一杯私の人生を歩いていけたらと今の私は思っています。

 

ドラマロスに戸惑い中

ドラマロスに陥っています。
逃げ恥でも大分ロスになりましたが、今回はもっと深く陥っている感じがします。
おっさんずラブ
以前、深夜に短編で放送があったのですがその時にこれ面白い!となったドラマの再構築されたドラマです。

以前のドラマでは細身のかわいい系男子がルームシェアするところから始まり、上司とルームシェア男子が主人公を取り合います。
主人公のモテ期到来。

今回はルームシェア男子がチワワにの女子力高い系男子が登場。上司は前回と一緒の吉田鋼太郎さん。
吉田鋼太郎さんは年配の渋い俳優さんのイメージだったのですが、スイッチが切り替わると女子以上の乙女に。
なんだこの幅広い演技力は!と素人ながら驚かされました。
ドラマの肩書もヒロインって!笑。

ボーイズラブ系は特に興味がなかったので、手に取ることも目にすることもこの「おっさんずラブ」が初めてです。
かといってボーイズラブ系を次見てみようかとそうでもない気がして。
ツイッターで「#おっさんずラブ」のタグを巡っていたのですが、新しい言葉をたくさん知りました。
多分、いろんなルールがあるってことは確認できました。
そっちに進むのか、熱が冷めるまではなれるか、しばらくツイッターおっさんずラブだけ追っかけるのか。
ドラマが終わってしまってからどの方向に進めばいいのかわからなくなってしまいました。
どんだけドラマにハマってしまったんだって自分でツッコミたいくらいです。

牧くんが赤系のトップスを着ている時は幸せな時、っていう設定があったようです。
それで、現実で赤いトップスを着た男性を見かけてナチュラルに「あぁ、幸せな時間をお過ごしですね!」って思ってしまいツイッターをしばらく封印しました。
実生活で影響が出ている!
まだ言葉にしていないだけ良かったのですが、思ってしまうのも危ないですよね。

前作ではおしゃれ系居酒屋メニューで主人公の胃袋をゲットし、今回はバランスの良い食事で胃袋ゲット。
食事、洗濯と家事全般できるかわいい男子。私が欲しい!
男性同士の方が気を遣わず楽しく過ごせると世の中の男性が気が付いてしまったら。
私なんで眼中にないよな。
そんな自虐的な感想になりましたが、「おっさんずラブ」6話目はつらいですが、全体的にカラッと楽しめるドラマなのでお勧めしたいです。

30代女子、ジムでストレス解消。だって、ストレスたまるもん!

30代になると、仕事についてもある程度は責任のある立場になります。ちなみに私の場合は、主任という立場です。そのため、新人が入ってくるたびに指導をしているんです。新人さんは、可愛い人もいれば素直ではない、ちょっとむつかしい新人さんがいることも事実です。

指導者だって、かなりのストレスがたまります。しかも新人さんがミスをしてしまうと、自分がしたような感じがして、とても辛い。そんな時に、新人が私に大丈夫ですか?と声をかけてくることもある。何様と思うところ、ぐっと我慢して仕事を黙々としています。こんな我慢強い私とは、思っていませんでした。仕事に鍛えられる精神力は、本当にありがたいモノですね。

そんな時、そのままストレスを抱えたまま家に帰ったりしません。そんな時は、たっぷりとストレスを解消することにしているんです。以前は、お酒を飲みに行くことがあったけれど、どこで人に会うかわからないので、酔っぱらい姿は見せることができないんです。その結果、いいこと見つけました。それはジムで汗を流す事です。

これは、とても健全ですね。そこで思いっきり汗を流すことにより、その日にあった嫌なことを汗にして流してしまいます。すると、帰る時にはとてもいい気持ち。これは本当にいいですよ。

ダイエットにもなるので、その点ではストレス解消とダイエットを一緒にできるパーフェクトジムではないでしょうか。隣でいる人が、ドン引きするほど激しく動いています。きっと顔がこわいんでしょうね。そんなことはお構いなしです。

今の仕事を着実にこなすことにより、お金が貰える、好きな事が出来るんです。だから嫌な事があっても、我慢をして頑張るしかない。そんな考えになっています。

これからは、自分の人生についても真剣に前向きに考えたい。そのためには、貯金も大事かなと思うようになってきました。遊びにダイエット、仕事をバリバリこなす、これからますます頑張ろう!

ちょっと豪華に遊んでみる、1泊2日で5万円です!!

最近は、仕事が忙しくて全然遊べていません。
給料は上がって生活にゆとりが出たけど、家と職場の往復だし、休日は疲れて家で寝ているだけで完全に引きこもりです。

でも、忙しくてお金を無駄使いする時間もありません。
正直、20代よりも出費が少なくなり、その分お金が溜まっています。

なので、先週は週末を利用してホテルステイをしてみました。

1泊2日で5万円とかなり良いお値段でしたが、日頃の疲れをとり、引きこもりの休日から脱出です。

まず、ホテルなので変な服装ではいけません。
いつものようにオフィスカジュアルに少し派手めのネックレスをプラスしてみました。
ネイルは派手なものよりも、薄いピンクを綺麗に塗り直しです。
メイクも少し艶のある感じに仕上げてみました。

そして、ホテルにチェックインです。
コンシェルジュがお出迎えしてくれました。

さすが高級ホテルです。
出張で使っているいつもの某チェーン系ビジネスホテルとは違います。

フロントでは、すぐにチェックインが終わり部屋まで荷物を持って案内してくれました。

ホテル内のエステを予約してあったので、その時間までは部屋でのんびりできます。

高層階で眺めが良くて、職場が入っているビルが部屋から見えました。

食事はラウンジで出るので、このままチェックアウトまでホテルで引きこもり生活の開始です。

エステの時間になると電話がかかってきました。
今からスタッフが部屋まで迎えにきて、案内してくれるという内容でした。

5分ほど待つと、綺麗なお姉さんが迎えにきてくれました。
さすがエステティシャンです。
綺麗なお肌に髪をしっかりとまとめて、お化粧も崩れていません。
腕もムダ毛がなくてツルツルでした。

エステでは、全身マッサージを美顔をお願いしていましたが、サービスでスチームもつけてくれました。

まずは好きなアロマを選ぶところから始めました。
レモン系の爽やかな香りに包まれてマッサージ開始です。
痛い系ではなく、しっかりと揉みほぐしてくれて、途中で血行が良くなってきて、痒くなるくらい気持ちよかったです。肩から背中にかけての凝りは酷くて、一気に軽くなりました。
顔の人周り小さくなりました。

残りの時間は、部屋で優雅に読書です。

贅沢な週末を過ごして、また仕事も頑張れます。

嫌いな上司を辞めさせたい!呪うか!おまじないか!

大嫌いな上司がいます。

心の底から嫌いです。

顔を見る度、

「この人、会社辞めないかな~」

と思います。

 

でも、こういうタイプは最後まで残るんですね。

呪ってやろか!とも思いますが、

そんな下品なことはできないので、

縁切り地蔵へ行きました。

会社の帰りにお参りしてきました。

 

「どうか◎◎さんと縁が切れますように!◎◎さんが退職しますように!」と拝んで来ました。

 

すると、翌日。

 

朝出勤すると、◎◎さんが出社していません。

毎朝、早いのに姿が見えません。

 

やった!!

 

早速、お参りの効果が出たのか?

 

しかし、現実はそんなに甘くありません。

 

◎◎さんは、風邪で休みでした。

 

退職まではいかなかったけど、風邪でもいいか!

 

少なくとも今日一日は、顔を見ないで済みます。

 

明日から毎日縁切り地蔵へ寄ろうと思います。

 

それでは、おやすみなさい。

週末は自分へのご褒美

月曜日から金曜日まで事務系のお仕事。週末は2日間ともお休み。もちろん,椅子に座りっぱなしのハードなお仕事。どこかで,運動を入れなきゃと感じている今日この頃です。

1週間勤務した自分へのご褒美とは言っても,そんな豪勢にはいきません。でも,何かしらないと体がもちません。心もストレスフルな世界にドップリつかってしまいそうです。

そこで,週末金曜日の退勤後は,ここら辺では一番有名なデパートに立ち寄ります。そして,私の一番の大好物であるグレープフルーツを2個購入します。スーパーなどでは,4つくらいで498円というところでしょうか。それも嫌いではありませんが,一生懸命仕事をした私への週末のご褒美です。少しくらい贅沢してもいいですよね。

このデパートのグレープフルーツが絶品なのです。1個税込み399円です。ビミョ~な数字でしょう。普通のとルビーと,それぞれ1個ずつ買って帰ります。とても丁寧に包装されています。もちろん網みたいなクッションに包まれていて,本当に高級感を醸し出しています。買い置きはしません。2個で十分です。来週の分は,また来週の金曜日に買うのです。その方が,当然新鮮です。1個約400円のグレープフルーツ。贅沢とえいば贅沢でしょう。こうやって一生懸命,働いている間の贅沢かなぁと覚悟はしています。

土曜日に1個,そして日曜日に1個を丸ごと一人で食べちゃいます。食べ方はスプーンとかではなく,まずきれいに1房ずつ皮をむきます。そして,ガラスのお皿にきれいに並べます。さすがに高級なだけあって,皮もとってもきれいにむけるんです。このときのグレープフルーツの姿に見とれてしまいます。美しすぎる,けど食べるのはちっとももったいなくはありません。高級な丸ごと1個のグレープフルーツを,たった一人で食べ切ってしまう,まさに至福のときでございます。

このデパートでは,1年中グレープフルーツを手に入れることができます。デパート,おそるべし。でも,いつでも買えてとってもうれしいです。

暑くなると無性に食べたくなってしまうカレー

日差しが強くなって、暑くなると食べたくなってしまうのがカレー、
無性に食べたくなってしまうのです。

暑くなるとテレビの情報番組やバラエティでも
カレーを取り上げることが増えるので影響を受けているのかも。

我ながら単純です。

今日はどうしてもカレーが食べたい気分がおさまりませんでした。

会社の近所にたまにカレーの移動販売車を見かけることがあったので、
来てくれていることを祈ったのです。

お昼になったら社外に飛び出し、
以前、カレーの移動販売車が来ていた場所を確認しました。

ところが見つからないのです、大ショック。
「カレーを食べたいこの気持ち、どうすれば良いの!」心のなかで絶叫です。

悩んだあげくコンビニカレーにしようと考えました。

コンビニカレーも悪くないけどふつうのカレー、
移動販売者のカレーはエスニック系だったのです。

一言でカレーとはいっても一般的なカレーと
スパイシーなタイやスリランカ系のカレーは全く違います。

暑いときに食べたいのは暑い国のカレー、断然エスニック系なのです。

エスニック系カレーは食べられなくても
今日はどうしてもカレーが食べたい。

悩んでいるうちにお昼休みが終わってしまいます。
足取りも重く、コンビニに向かって歩き始めたのです。

今まさにコンビニに着こうとしたときでした。
国道をカレーの移動販売車が端っていくのが見えたのです。

私は迷うことなく、
「待ってー」とあわてて追いかけたのです。

移動販売車はいつもいた場所に停車していました。

髪を振り乱して走ってきたので汗がじんわり、
カレーを食べたいがために走るなんて、我ながら食い意地がはっていて恥ずかしい。

移動販売車の店長さんも肩で息をしている私に、少し驚いたような顔をしていました。
事故の渋滞で、いつもの時間に来られなかったのだそうです。

車の前に立て掛けてあったメニューはどれも美味しそう。
しかし、お昼の時間はあまりないので悩んでいる時間はありません。

グリーンカレーキーマカレーか、それとも定番のチキンにするべきか。
3分ほど悩んでグリーンカレーに決めました。

お値段は600円、
ライスの上には野菜も乗っていたので、まあまあなお値段です。

店長さんが渡してくれたカレーの袋のなかには、冷たいお茶の缶も入っていました。

「頼んでいないんですが」と確認したら
「お待たせしたおわびですよ」と言ってくれました。

ちょっと恥ずかしかったですが、得した気分です。

急いでオフィスに戻り、味わったカレーはとても美味しかった。
次はキーマカレーに挑戦してみます。